せっかく作ったショート動画が、サムネイルを設定できない…なんて経験はございませんか?

近年、爆発的な人気を誇るショート動画。

しかし、いざ投稿しようとした際に、サムネイルを設定できないというトラブルが発生することがあります。

そこで今回の記事では、そんな「ショート動画 サムネイル設定できない」問題を解決するために原因と解決策を徹底解説します。

サムネイルが設定できない原因

ショート動画のサムネイルが設定できない原因としては、主に以下の4つが考えられます。

  • 編集ソフトやアプリの設定が間違っている
  • 動画のサイズや比率が推奨サイズと異なる
  • 動画のファイルサイズが大きすぎる
  • プラットフォームの仕様

原因ごとの解決策

編集ソフトやアプリの設定が間違っている

編集ソフトやアプリの設定が間違っている場合は、以下の手順で修正してください。

動画編集ソフトの場合

  1. 動画編集ソフトを起動し、編集したい動画を読み込む
  2. サイズと比率を調整する機能を開く
  3. 縦1080px × 横1920pxを選択します
  4. 「適用」または「OK」をクリック
  5. 編集を完了し、動画を書き出す

スマートフォンアプリの場合

  1. スマートフォンアプリをダウンロードし、起動する
  2. 編集したい動画を選択する
  3. サイズと比率を調整する機能を開く
  4. 縦1080px × 横1920pxを選択します
  5. 「適用」または「完了」をタップ
  6. 編集を完了し、動画を保存または共有する

原因2:動画のサイズや比率が推奨サイズと異なる

動画のサイズや比率が推奨サイズと異なる場合は、以下の方法で調整してください。

  • 動画編集ソフトやアプリを使って調整する
  • オンラインツールを使って調整する

原因3:動画のファイルサイズが大きすぎる

動画のファイルサイズが大きすぎる場合は、以下の方法で小さくしてください。

  • 動画の画質を下げる
  • 動画の長さを短くする
  • 動画のビットレートを下げる

原因4:プラットフォームの仕様

一部のプラットフォームでは、2024年5月現在、スマートフォンアプリからのみサムネイル設定が可能となっている場合があります。

PCからのアップロードでは、自動的に生成されたサムネイルが設定されます。

その他の注意点

サイズや比率を変更すると、画質が劣化してしまう可能性があります。

画質を維持したい場合は、元の動画の画質が高いほど劣化が抑えられます。

どうしてもサイズや比率を変更できない場合は、黒帯が入った状態で投稿することになります。

ただし、黒帯があると見栄えが悪くなります。

そのため、できるだけ推奨サイズと比率で作成することをおすすめします。

これらの対策で解決できない場合は、ショート動画プラットフォームのヘルプページなどを参照するか、プラットフォーム運営者に問い合わせてみてください。

この情報が、ショート動画サムネイルに関するあなたの疑問を解決し、バズる動画投稿に役立てば幸いです。

関連情報

ショート動画の推奨サイズと比率:https://support.google.com/youtube/answer/10059070?hl=en