近年、爆発的な人気を誇るショート動画。

しかし、せっかく作った動画が時間制限を超えて投稿できない…

なんて経験はありませんか?

そこで今回の記事では、2024年最新版の「ショート動画 時間制限と最適な長さ」について徹底解説します。

バズる動画を作るための秘訣を余すところなくお伝えします。

ショート動画の最大時間

2024年5月現在、ショート動画の最大時間は以下の通りです。

  • YouTubeショート: 60秒
  • TikTok: 3分
  • Instagramリール: 90秒

時間制限を超える場合の対処法

時間制限を超える動画を投稿したい場合は、以下の方法があります。

  • 複数の動画に分割する
  • ライブ配信で投稿する
  • 通常の動画として投稿する

複数の動画に分割する

時間制限を超えた動画は、複数の動画に分割して投稿することができます。

メリット

  • 視聴者が飽きずに最後まで視聴しやすい
  • 複数の動画で視聴者の興味を惹きつけやすい

デメリット

  • 編集の手間が増えます
  • 1つの動画として視聴できません

ライブ配信で投稿する

時間制限を超えた動画は、ライブ配信で投稿することができます。

メリット

  • 編集の手間が省けます。
  • 視聴者とのリアルタイムなコミュニケーションが可能です。

デメリット

  • 視聴時間が長くなります。
  • 過去の動画として残りません。

【法人向け】YouTubeライブ配信で集客・売上アップ! 成功事例と実践的なノウハウを徹底解説

通常の動画として投稿する

時間制限を超えた動画は、通常の動画として投稿することができます。

メリット

  • 高画質で長時間の動画を投稿できます。
  • 過去の動画として残ります。

デメリット

  • ショート動画としての利点が活かせません。

各対処法の詳細

複数の動画に分割する場合

  • 動画編集ソフトやアプリを使って分割します。
  • オンラインツールを使って分割します。
  • それぞれの動画にサムネイルとタイトルをつけます。

ライブ配信で投稿する場合

  • ライブ配信プラットフォームを選択します。
  • ライブ配信の告知を行います。
  • 視聴者とのコミュニケーションを図ります。

通常の動画として投稿する場合

  • 動画編集ソフトやアプリを使って編集します。
  • サムネイルとタイトルをつけます。
  • 動画の説明文を充実させます。

ショート動画の最適な長さ

ショート動画の最適な長さは、プラットフォームによって異なりますが、一般的には以下の通りです。

  • YouTubeショート: 15~30秒
  • TikTok: 15~60秒
  • Instagramリール: 15~60秒

各プラットフォームの推奨時間

2024年5月現在、主要なショート動画プラットフォームの推奨時間は以下の通りです。

  • YouTubeショート: 15〜30秒
  • TikTok: 15〜60秒
  • Instagramリール: 15〜60秒

これらの推奨時間はあくまでも目安です。

動画の内容やターゲット層によって最適な長さは異なります。

しかし、一般的には15〜60秒程度の短い動画の方が、視聴者維持率が高くなります。

つまり、最後まで視聴してもらえる可能性が高いと言われています。

長さの選び方

ショート動画は、短時間で視聴できるコンテンツとして人気を集めています。

しかし、動画の長さは視聴者維持率やエンゲージメントに大きく影響します。

ここでは、バズる動画を作るための秘訣として、ショート動画の長さの選び方をわかりやすく解説します。

動画の長さは、以下のポイントを参考に選ぶと良いでしょう。

  • 伝えたい内容
  • ターゲット層
  • プラットフォーム

伝えたい内容

伝えたい内容を簡潔に伝えられる長さを選びましょう。

複雑な内容の場合は、複数の動画に分割して投稿するのも良いでしょう。

ターゲット層

ターゲット層の視聴時間や集中力に合わせて長さを選びましょう。

若い世代は短い動画を好む傾向があります。

一方で、シニア層は長い動画でも最後まで視聴する可能性があります。

各プラットフォームのトレンドを確認

各プラットフォームの推奨時間やトレンドを参考に長さを選びましょう。

視聴者維持率と長さの関係

視聴者維持率とは、視聴者が動画を最後まで視聴する割合のことを指します。

一般的には、動画の長時間が長くなるほど視聴者維持率は低下する傾向があります。

視聴者維持率と最適な長さの関係

視聴者維持率とは、視聴者が動画を最後まで視聴する割合のことを指します。

一般的には、動画の長時間が長くなるほど視聴者維持率は低下する傾向があります。

そのため、ショート動画では、視聴者の興味を惹きつけるような短い時間で、インパクトのある内容を伝えることが重要です。

バズる動画を作るためのヒント

ショート動画でバズるためには、以下のヒントを参考にしてみてください。

  • トレンドを取り入れる
  • 目を引くようなサムネイルを作る
  • 字幕やテロップを活用する
  • 音楽や効果音を使う
  • 視聴者とのコミュニケーションを図る

ショート動画の時間は、プラットフォームによって異なります。

しかし、一般的には60秒以内がおすすめです。

動画の長さは、伝えたい内容やターゲット層に合わせて選びましょう。

バズる動画を作るためには、視聴者の興味を惹きつけるような短い時間で、インパクトのある内容を伝えることが重要です。

その他のポイント

定期的にコンテンツを更新することで、視聴者の興味を維持することができます。

コメントやメッセージに積極的に返信することで、視聴者とのコミュニケーションを深めることができます。

この情報が、ショート動画制作に役立つ情報になれば幸いです。