YouTubeやInstagramでショート動画が人気を集めています。

短い動画で手軽に情報を発信できます。

そのため、多くの人が挑戦しています。

しかし、

  • 「どうやって作ればいいのかわからない」
  • 「編集が難しい」

という声も少なくありません。

そこで今回の記事では、スマホだけで簡単にショート動画を作成する方法をわかりやすく解説します。

初心者でも安心のおすすめ編集アプリも紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

ショート動画とは?

ショート動画とは、15秒~60秒程度の短い動画のことです。

近年、YouTubeやInstagramなどの主要なSNSで実装されています。

多くの人が視聴・投稿を楽しんでいます。

ショート動画の特徴

  • 短時間で視聴できるため、手軽に情報を発信・収集できる
  • 縦画面で視聴できるため、スマホで視聴しやすい
  • BGMやエフェクトを活用して、視覚的に訴求しやすい
  • コメントやいいねで視聴者と交流しやすい

【今さら聞けない!】ショート動画とは?種類・特徴・作り方・収益化までわかりやすく解説します!

ショート動画の作り方

ショート動画は、スマホだけで簡単に作成することができます。

必要なもの

  • スマホ
  • 撮影したい内容
  • 編集アプリ(任意)

作成手順

  1. 撮影したい内容を決めましょう
  2. スマホで撮影しましょう
  3. 編集アプリで編集しましょう(任意)
  4. SNSに投稿しましょう

編集アプリ

編集アプリを使用すると、よりクオリティの高いショート動画を作成することができます。

おすすめ編集アプリ

  • InShot:豊富なテンプレートやエフェクトが使えます
  • CapCut:プロ顔負けの編集ができます
  • VLLO:直感的な操作で使いやすくなっています
  • PowerDirector:本格的な編集機能が充実
  • Adobe Premiere Rush:プロ仕様の編集機能を無料で使えます

ショート動画のポイント

ショート動画を作成する際は、以下のポイントを意識すると良いでしょう。

  • 視聴者の興味を引くような最初の数秒で勝負
  • 簡潔でわかりやすい内容にする
  • BGMやエフェクトを活用して視覚的に訴求する
  • 視聴者との交流を意識する

視聴者の興味を一瞬で掴む「最初の5秒」

視聴者は、動画の冒頭数秒で判断します。

見るかどうかを決めます。

そのため、最初の5秒で視聴者の興味を掴むことが重要です。

  • 目を引くようなサムネイル
  • インパクトのあるオープニング
  • 視聴者の共感を得られるストーリー

など、最初の5秒で視聴者の心を掴む工夫を凝らしましょう。

飽きさせない「構成と展開」

視聴者を飽きさせないためには、メリハリのある構成と展開が重要です。

  • 情報量を詰め込みすぎない
  • シーンを短く区切る
  • 音楽や効果音で変化をつける
  • 意外な展開やオチを用意する

など、視聴者を飽きさせない工夫を常に意識しましょう。

ターゲット層に合わせた「内容と表現」

誰に届けたい動画なのか

ターゲット層を明確にすることで、より効果的なコンテンツを作成することができます。

  • ターゲット層の興味関心
  • 視聴者の属性
  • 流行りのキーワードやネタ

などを意識しましょう。

ターゲット層に響く内容と表現を選びましょう。

視覚効果を最大限に活かす「編集とエフェクト」

ショート動画は、視覚効果が非常に重要です。

  • テロップや字幕で情報をわかりやすく
  • トランジションやエフェクトで視覚的に訴求
  • BGMや効果音で臨場感を演出

など、編集とエフェクトを駆使して、視覚効果を最大限に活かしましょう。

視聴者との「エンゲージメント」

ショート動画は、視聴者とのエンゲージメントを促進しやすいプラットフォームです。

  • コメントや質問に積極的に返信する
  • 視聴者参加型の企画を取り入れる
  • 関連動画やハッシュタグを活用する

など、視聴者とのエンゲージメントを促進し、ファンを増やしましょう。

ショート動画は、誰でも簡単に作成して、多くの人に情報を発信できる便利なツールです。

今回紹介した方法を参考に、ぜひ自分だけのオリジナルショート動画を作成してみてください。